FC2ブログ
表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年10月15日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


話していて気がついた。

いつの間にか今働いている会社を指す時に「ウチの会社」と言うようになっていたことを。

私にとって長らく「ウチの会社」といえば、20年働いたあの会社だった。

その後、再就職したものの、すぐに辞めてしまったパートの会社どころか、4年半働いた前職でさえ「ウチの会社」と言う言葉は使わず、会話の中でも「○○(会社名)」と使い、「ウチの会社」という言葉はあまり出てこなかった。

心の何処かで長く居れる会社ではない・・・と思っていたのかもしれない。

生活の為、お金を稼ぐ為だけに毎日通っているだけの場所

私にとってそれだけの会社

そう気づくと色んなことに気がついた。

4年半も居れば少なからず会社に私物も置くのだろうけれど、あの会社に限っては全く何も置かなかった。

毎日使うカップでさえ、従業員みんなが使うたくさんあるダイソーで買ったカップの1つを使っていた。

それどころか今まで働いたところでは(パートの所でも)電話をかける時や受けるときは会社名と自分の名前を名乗っていたが、前職では会社名しか名乗らなかった。

電話を取るのがほぼ私だけと言うのもあったけれど、私と言う個人より、ただの事務のおばちゃんで居たかった。

何人もの事務員が数年で辞めていく

その中の1人として埋没したかったというか、
なんとなく「私」という個人の痕跡すら残したくなかった。

手取り11万で日曜しか休みがない中でこんな事まで言われてやっていられない!!

いつもそう思ってはいたけれど、アラフィフにして辞めると言う決断が出来たのも、きっと自分の中で「やっぱりここには居たくない」という思いが強かったのだと思う。

今は会社に自分のカップは置いてあるし、電話でも自分の名を名乗る。

入社したての頃は「○○(会社名)さん」と言っていたけれど、いつの間にか「ウチの会社」と言える様になったのは私の中で良い変化の証拠なのかもしれない。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト