表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年08月17日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


従兄弟宅でお墓の話になった。
私にとっては父方の墓だけど、従兄弟にとっては母方のお墓
お参りには行っているようだけど、従兄弟は別に守る墓がある。

壊れた花入れの話をしたら、どうやら去年には壊れていたらしい。
私は去年はお墓参りはしていなかったので、1年以上は壊れたままという事になる。

たぶん私がお金を出さなかったら、この先もずーっと壊れたままだろうという事は察しがついた。
従兄弟も伯父の娘とは連絡の取りようがなく、全くわからなそうだ
納骨堂は父の名前なので私が引き継ぐがお墓は私のものじゃないけれど、壊れたままにしているのは仏様を粗末にしている様で嫌だし、父が健在なら父はお金を出しただろう。

従兄弟から「何故しま子が全てしているんだ?弟はどうした?」と問われ、今まで黙っていた弟との絶縁のいきさつを話した。

弟は「1人で生きていく」と言ったけれど、1人で生きていくと言いながら、自分がやるべき事を違う人がしている上で胡坐をかいている生き方は違うと思うんだよね。

しようと思えはいくらでもできる。
近くに空港だってある。
羽田からは小1時間
私が何時間かけてくるよりずっと早い
車の免許だってあるから、空港についてからはレンタカーを借りれば何処へも行ける。

だけど、した事も、しようと思ったことないからどれだけ大変か判らないし想像できない。
気持ちがないのだ。
言ってもわかろうとも考えようともしない

私は1人で生きていくという事は父の面倒、残された実家や周辺の事、お寺やお墓、親戚関係、その他もろもろ長男としてやるべきことをしながら1人で働いて暮らしていくことが「1人で生きていく」という事で、1人で働いたお金を自由気ままに自分の事だけに使い、したくない事はしないというのは1人で生きていくのではなく「1人で好き勝手に生きている」だけだと思うと言ったら、従兄弟は黙って頷いていた。

そこまで言って良かったかは解らない
面倒くさい事に巻き込まれたくないと思われたの間違いないだろう

誰もしないなら誰がするの?

自分は関係ないと言える人と言えない人

私は間違いなく後者で、必然的に貧乏くじを引かざるを得ないのだよね。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト