表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年01月01日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


1人暮らしになってから、大晦日はただの「一年の終わりの日」、お正月はただの「1年の始まりの日」と化した。

こうやってお向かいさんから頂き物がなければ普通に白飯と納豆や玉子で食事を済ます日だけれど、父が元気だったときはそれなりの年越し準備をしていた。

お向かいさんのトコは晦日はカレー、大晦日はおでんと御節オードブルと決まっているらしいが、我が家では大晦日は父の手作りの握り寿司が定番だった。

もちろん、年越しそばも作る。

私がそばの用意とちょこっとした料理、あるいは天ぷらを揚げる。
ついでにホウレンソウを茹でたり、大根、ニンジンを切って雑煮の準備もしておく

父は小さめの握り寿司と正月には定番の紅白ナマスをを作る。

何故か父が作る酢を使う料理のどちらもは酸味がキツイ
ナマスなどは酸っぱすぎて私には食べられないくらい。
それでも消化にいいからとタッパいっぱい作っていた。

寿司ネタは地元のスーパーで買ってくる「マグロ、サーモン、ハマチ、イカ、タコ、しめ鯖、タマゴ、トビッコ、イクラ」のセットと決まっていた。

市販の寿司屋なら一番安い「並」というレベル。
しかも職人とは違い、ぎっちり握ってある

蕎麦と寿司を食べた後は私は2階、父は茶の間でそれぞれ好きなTVをみて年を越す。

時々茶の間へ降りて余った寿司や天ぷらをつまんで二階に戻る。
父も同じようにCMの合間につまむので多めにあったはずの寿司は年を越すころにはキレイに無くなっていた。

元旦は簡単なすき焼き
2日目も簡単なタラ鍋

毎年そんな感じだった気がする。

毎年、父と差し向い

もうあの日は帰ってこない

動かなくなった節くれの父の指を触りながら大晦日を過ごすのは、あの帰って来ない日々を思い出させ、なんとも言えずに寂しい気持ちとともに年の瀬を迎えることになっている。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

2017年11月13日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


私は普通の女性たちと感覚が違うのか、お付き合いしてもまず上手くいかない。

だいたいデートで「美しく装う」という気もしない
「美しく」より「楽で動きやすい」を重視してしまう
「可愛い」よりも「寒くない」を方を重視する(笑)

なのでスカートも殆ど着なかったし、ヒールのある靴も履かない
「寂しいな」とか「逢いたい」なんて口が裂けても言ったこと言ったことはない

今でこそ、おひとり様生活も板につき、そのまま突き進んで生きるだろうと思うのだけど、もう少し若かりし頃は、お付き合いした人がいた時期もあった。
すると不思議なことに「え~付き合っている人いるの~、逢って見たい」という友人がいたのだ。

私は彼女の言動が全く理解できなかった・・・

確かに何度か彼女が付き合っていた彼氏には会ったことがある。
でもそれは私が「会いたい」と言った訳でも何でもなく、たまたま彼女と会ったときに彼氏も居たからだ。っていうか彼女の彼氏は彼女の彼氏であって、私の友達でもなんでもないのに、何故そこに彼氏を同伴させるのかが不思議だったのだけど・・・

彼女にしてみれば、「自分の彼氏は何度か逢わせているのに、しま子は自分に一度も彼氏を紹介してくれない」という事らしい

不公平かと思われるのもなんだかなので当時の彼にその旨を伝えたら良いよと言ってくれたので、逢わせることにした。
女同士で会うときは遅刻が当たり前なのに約束の時間前から可愛い格好で。
見た瞬間、「えっ・・・・」とびっくりしたくらい
だって約束の時間を平気で1時間とか遅れてくる人が時間前にいるなんて、目を疑った。雪でも降るかとww

まぁお茶して、しゃべって別れたのだけど、帰りに車の中で「私がいない時にどんな事をしゃべったの?」と彼氏に聞いたら、「『しま子に何か直してもらいたいことある?』って聞かれたから『たまにスカートを履いてもらいたい』って答えたよ」と、その時は「あぁそう」とだけで終わったのだけど、後日彼女から「ね~しま子、彼氏に『本人に言えないことで直して欲しいことない』って聞いたら、たまにはスカートを履いたり可愛くしてもらいたいみたいだよ、本人が言えないだろうと思って私が聞いておいてあげたよ」と

意味不明

私が聞いてと頼んだ訳でもないのに「聞いておいてあげた」と言う言い方と、大したことでもない(と私は思う)ことをわざわざ電話で言ってくるのと、そう言うことを私がトイレに立った隙に質問しているのと、全てが理解不能
逢いたいって言ってきたのはそっちで、なんで頼んでもいない恩を着せようとするのかも理解不能

本人にしたら親切なんだろうけれど、いらぬ親切
ちゅーか言いたいこと他人を介するような恋愛関係なら終わっているわ!!

彼氏にしたら不快だったろう
友達を利用し私がそういう事を聞きだそうとしたと思ったのだろうし

ちなみに他人の彼氏彼女って逢ってみたいと思います?
私はどうでも良い人なんで判らない。
仮に「悪い人」というのが会話の中に滲み出ていたとしても逢って確認しようとは思わないな
本人には「こう感じるのだけど・・・」と説得はしたとしても、本人が好きで付き合っているのに逢って自分の目でみたからって何になるのって思うタイプ
ましてや頼まれてもいないのに他人の恋愛事にに口を出す人の真意って本当に判らない

そんな一件がなくてもその人には振られたのだけど、未だにその友人の思考が理解できなかったりする。
そんな彼女なのに異性にはモテるんだよねー

男って不思議

そして女はもっと不思議

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

2017年08月19日 (土) | 編集 |
スポンサードリンク


私は給食が大好きだった。

家では食べられないオカズも食べられたし、美味しいプリンやゼリーも給食でしか食べられなかった。
惣菜コロッケだけとか卵かけご飯だけ・・・という食卓や給食のない土曜はインスタントラーメンが当たり前だった身としては毎食温かくて美味しいバリエーションのある食事が出来るのは給食だけだった。

今の給食は素晴らしい内容となっている。
ご当地食材をふんだんに使い、栄養面も考えられ、至れり尽くせり
それでも「残さず食べる」ことを嫌いと言う子もいるようだけれど。

懐かしい話題の一つに給食があるけれど、自分と同じような年令かそれより年上でも「給食が嫌いだった」と言う人も結構いる。

理由を聞けば美味しくない、とか、食べられないもの、嫌いなものがある、とかだけれど
美味しくないを理由にあげられる人は人は恵まれた環境に育った人だなぁと感じている。

社員食堂のある職場でも働いたことがあるが、美味しくないという人も多かった。
私は美味しく食べられたし、天ぷらそば130円、カレー1食200円、定食でも350円で食べられた格安さを考えれば文句の言うものでもないと思うのだけどねぇ
その人たちにしたら安くてもお金を出しているのだから、それなりの味のものを提供せよということだけど、そんなに美味しくないと思うなら利用しなければいいのにと、思うのだけど恐妻家ゆえ、奥方に弁当をお願いできる人はそう居なかったのだけどね(笑)

夏休み、毎日の昼食を作るお母さんたちは大変だろうなぁと思うと同時に給食を楽しみにしている子どもたちの中で給食がないばかりに毎日お腹を空かせている子がいないことを願うばかり

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

2017年04月18日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


私の「お金がある」「お金のない」の境界線はとても低い

それに気がついたのは高校生の頃。
修学旅行だったか、何だったかは忘れたが学校行事で遠方へ泊まりかけで出かけたことがあった。
宿泊地で温泉(?)に入り、湯上りにふと見るとアイスの自販機がある。

旅先ということもあり、ちょっと贅沢したくなった私を含め数人がアイスを買うことにした。「どれにする?」と女子高生独特のキャッキャッとはしゃぎながら選んでいると、一人だけ輪の中に入らない子がいた。

「買わないの?」と聞くと
「お金がないから買わない」という。

確かお父さん国鉄職員だったはず・・・

当時、JRの民営化で揺れていた時期、
きっと大変なんだろうなーと思い、
「じゃ私がおごるよ、一緒食べよう」と誘った。

するとその子は
「ありがとう、私4000円しか持っていないから使えなくて」

えっ・・・・

その時、私の財布の中身は3000円ほど
月5000円の小遣いでやりくりしていた当時の私にしたら財布に3000円もあれば「お金はある」方だったのだ(笑)

まさかそんなにお金があるなら私より持っているのだし、おごるの辞めるとも言えず、そのまま100円ほどのアイスをおごったのだけど、人によって「お金がある」「お金がない」というレベルは違うのだなーとその時初めて思った。
貧乏ゆえに小銭に弱く、ちょっと臨時収入があると財布の紐が緩くなっていた私とは大違い

4000円でお金がないという彼女はきっと裕福なのだろうし、今頃はしっかりきっちりお金を貯める人になっているだろう

世間話やあれこれで「ウチはお金がない」という言葉を見聞きするたびに
「そういいながら実は私より持っているんでしょ」と心の中で思ってしまうのは、そんな記憶もあったからだったりする。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村

2017年04月05日 (水) | 編集 |
生活を男性に依存し、お金にだらしなく、いつも家の中が散らかっていて家事もろくにしなかった母は私の反面教師だが、そんなダメ母に唯一感謝している事がある。

それは本を読む楽しみを教えてもらったこと。

子供の頃、お菓子やおもちゃは買ってもらった記憶は殆どないが、不思議と本は惜しみなく買ってくれていたように思う。幼稚園の頃の絵本にはじまり、10数冊もある百科事典や世界の偉人、小学○年生など。

父母の楽しみなのだろうか、リーダーズダイジェストなんかも毎月買っていて、子供の私には難しい話ばかりだったけど、軽い小話(アメリカンジョーク)などはつまみ読みさせてもらっていた。

小学生で母と別な生活になった私は色んな事を本から教わった。
マフラーの編み方
ホットケーキミックスを使わないホットケーキの作り方
本は私の師であり、友でもあった。

今は活字から離れ気味になって漫画が中心だが、それでも実用書や興味のある本は定価でも買ってしまう。どんなに人気のある映画でもTV放映まで我慢して映画館に見に行くことは滅多にないのに、本を買う事だけはあまり我慢しないで買ってしまう。

収納を考えると私のような人間こそ、電子書籍を利用すべきなんだろうけど、やっぱり紙ベースが好きなんだよね。
活字離れが進み、出版業界は不況と言うけど、本という存在がなくならないで欲しいな。

-----------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村