表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年04月16日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


確実に休めるのが盆正月と日曜しか休みがなく、時給ベースで計算すると最低賃金を下回るような前職
ああいうトコロで働くと、本当に満足のレベルが低くなる。

何より「差」を感じるのが、今は土日祝日はきちんと休める環境だということ。
年間休日で前職と比べても30日以上の休日の差があるのだから
30日と言えばほぼ1ヶ月
仮にお給料の額が同じだとしても、年収では1ヶ月分の休みという所得を貰っている事になる。

フルタイムで働いて年収200万以下を「ワーキングプア」というそうだけど、1日8時間、月に26日も働いて総年収200万を切っていた前職はワーキングプアの中でも最下層だっただろう

今はそれだけの休みを頂いて、お給料も多少多い。
勿論、20年働いたあの職場よりは少ないし、入社時に「ウチの給料は安いよ」と言われたけれど、過去が過去だけに全く気にならない。

それなのに前職の社長は「ウチは払っている方」といい、今の社長は「ウチは安い」という。
社長の度量というか、従業員の生活をどのように考えているかで、社長としての器というか人間性がでるのかもしれないね。

それはともかく家賃など引けば実は前職と手取りはそう変わらない。
2件掛け持ちの生活は当然出費も多くなるから、生活が楽になったとは言えないのは現実。
それでもきちんと休みがあるというのは気持ちの余裕が全然違う

前日にならなければ明日休めるかどうかも判らなかった生活に比べ、きちんと週2日休める環境がこれほど気持ちを大きく変えるとは思わなかった。

中高年の就活は厳しい戦いを強いられる。
不採用が続く中、高望みしていると言われ、もっともっと過酷な労働環境と判りつつ、身を落とすことが多い。

苦しく辛かった10ヶ月を思うたびに、ここで無事に定年迎えられるようにと祈らずにはいられない

今ここで働けているのは本当に奇跡。
だから感謝を忘れてはいけないのだ。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

2017年04月04日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


再就職して1年が過ぎた。
まだまだ1人前には程遠いけれど、出来る事は少しずつ増えてきた。

主な仕事は必要な書類を揃えたり作ることだけど、1文字たりとも間違いは許されない書類なので、上司のチェックが毎回入る。
誤字、脱字は勿論、書式、書き方、数字、添付書類、その他色々と
理解度が足りないところや間違いなどがあると、その箇所に付箋が付き、返ってくる。

なかなか付箋なしの状態で書類は返ってこない

ようやく先月2つ同時に出した書類がどちらも付箋なしで返ってきて、喜んだのもつかの間、次に出した書類にはまたしても付箋がついて返って来た。

完璧には程遠い
でもこうやって添削してくれる人がいるうちが天国なんだ。

頑張ろう

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

2017年03月02日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


何か所か働くところを替えてきて、色んな人を見てきた。

なので私が働くところは何処も新卒が少なく、中途採用が多いところ。
すると「以前働いていて辞めたけれど、また再び雇用された」という人もいる。

会社側とすれば一から教える事はない「即戦力」でありがたい存在。
会社が辞めさせた訳じゃないから仕事もそれなりで出来た人ということ

でも・・・辞めた側の心理ってどうなのだろうね。

会社以外の事情、例えば家庭の事情で辞めざるを得なく、その問題が解決したから戻って来たという人はともかく、会社に何か思うものがあって辞めた人ってどうなのだろうと

辞めて、前の職場がマシだったと思い知ったのか
辞めたけれど、自分が思う仕事がなかったから戻りたくなったのか
会社環境じゃなく、その仕事自体が好きで、やっぱり離れられなかったのか

私は自ら辞めようと決意したトコロに関しては戻りたいと思ったことはない。
特に前職に関してはそう
職場環境もそうだけど二度と戻りたくない職種
だから、その心理は判らないけれど

そこへ「戻りたい」と思い、その職場へ戻れた人は幸せな人だよなぁと思う

私が戻りたいと思う職場は20年働いたあの職場

でももう影も形もないのだから
そして一緒に働いた人すらも遠い処へ旅立ってしまったのだから

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

2017年02月25日 (土) | 編集 |
スポンサードリンク


取り柄も、得意な事もなく、凡人どころか、逆に能力が足りていないのではないかと自分で疑いたく私。20年近く働いたところではのほほんとしてきたけれど、そこが無くなってからはのほほんとしてはいられない処ばかり

勿論、自分の親の事もあるけれど、本当に人生ってこんなに変わるんだ・・何度思ったことだろう。

そして過酷を極めた前職。
私の仕事が普通の事務員の仕事だと思っていた人にやっている内容を話すと、決まって「それって男の人の仕事じゃない?」と言われた。
ハロワの人にさえ、「その業務の人で女の人は珍しい」と

そして今、全く違う仕事なのに、やっぱり言われてしまう。
初対面で名刺を渡すと「女の人でこの仕事は珍しいですね」と

しかも仕事を教わっている上司は大学卒なのに、私は大したレベルも高くない普通高校卒
当然、頭の出来も違う。
上司が理解できることでも私はかみ砕いて説明してもらわなければ解らない。

こんなんでやっていけるのかな・・・

男女平等が当たり前になって居る世の中だけど、やっばり男性が多い仕事、女性が多い仕事というのがある。

仕事に関する講習会に出かけてきたけれど、650人が入るホールに見事なくらいに、男性ばかり。
しかも若い人たちは殆どいない。
殆どが40代~50代の人たちの中間管理職と思しき人達。
30代後半男性でさえ、見た感じ1割もいない。
入り口近くに座っていたので、入ってくる人たちを見ていたのだけど、女性は私を含めて4人だけだった(苦笑)

やっぱり女性でこの仕事は少ないんだなと改めて実感

上司が定年退職した時、やっていけるのかな・・・。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

2017年02月10日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク


どこまでも雪原


吹雪いたら、あっという間にホワイトアウトしそう

道路が凍結していないからいいけれど
自分一人だったら嫌だなぁ・・・・

IMG_0400.jpg


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村