表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年05月30日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


春は恋の季節と言うけれど、自然界も忙しそう。

職場のすぐ近くの街路樹にカラスが巣作りをしているようで、役場の人なのか様子を見に来ていた。
ちょうど通学路にも当たるので、誰かか連絡したのだろう。

よく電柱に巣作りをしていることがあるがカラスの巣が原因でショートし停電になることもあるそうだ。
いちおう巣作り防止に風車のようなものがとりつけられたりしているが、イマイチ効果はないらしく、電力会社の人いわく「カラスの巣作りを完全に防止するもの」が発明されたらものすごいことらしい。

私も昔働いていた所でよく季節になるとカラスが巣作りをし、通りかかる人が襲われていたのを思い出した。
撤去されるのを親カラスが見ていてもまた同じところへ巣を作る
そしてカラスは頭がいいので巣を撤去した人を覚えているらしく、それに似た人を襲うのだ。
工場だったので皆作業時にはヘルメットを被っていたし、勿論巣の撤去作業時にもヘルメットを被って作業していたが、ヘルメットの人のみならずスキンヘッドの人も襲われていたのには笑ってしまった。
頭のいいカラスでもヘルメットとスキンヘッドのツヤ加減の違いは判らなかったよう

今回様子を見に来ていた人は晴天にも係わらず黒い雨傘をさしながら巣の様子を見ていた。
親ガラスに姿を覚えられないようにするためだろうか
それで襲われないなら凄いこと

今回の軍配は人とカラスのどちらにあがるのだろう

野鳥は保護されるのにカラスだけは巣を撤去されてしまう
可愛そうな気もするけれど、街を生き抜く力が強いカラスはきっとびくともしないのだろうな

その強さが羨ましい気もしないでもない


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック