表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年06月28日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク


滅多にドラマは見ないのだけど、何気に見たとあるシーンで

「子どもは親を選んで生まれてくる」というセリフと、妊娠していなかった主人公が「私は選ばれなかったのだ・・・」と落ち込む場面があった。

よく言われる言葉だけど、私はそんな事は絶対に思わない。
子どもが親を選んで生まれてくるなんてありえないと思っている。

虐待やネグレストで命を落とす幼い子達は殺されるのを判っていて、そういう親を選んで生まれてきたの?
一方、誰から見てもいい親になるだろうと思えるご夫婦でさえ、子どもに恵まれなくて悩んでいる人もいる。
そんな人たちは選ばれる事を許されなかったの?

虐待されて命を落とした子どもも赤ちゃんを待ち望んでいるご夫婦の下で生まれていれば、愛情たっぷりに幸せに過ごせたのだろうし、少なくとも親を選べるのなら私はあの母は選ばなかったな・・・。

私も子どもを産むことなく、人生を終えようとしている。
つまりは子どもに選ばれなかった女。

もし妊娠することがあったとしても、きちんと子育て出来たかは判らない
だから選ばれなくて当然だし、それでいいと思うけれど

あのセリフは幾人かの子どもを持てなくて悩んでいるであろう人達を傷つけなかったのかな・・・。

そうでないなら良いのだけれど

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
あーにゃさんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

私もまったく同じように感じていました。
そういう状態の時の人にそのような言葉をかける人ってのは慰めているつもりでも
結局は本当には人の心の痛みはわかっていないのだと思えます。
不思議とそういう言葉を発するのも既婚者や恵まれている人が多いですよね。

乗り越えられる苦労なら自○する人は心が弱いのか
立ち向かう事を放棄した人なのか?
違いますよね(苦笑)

励ます言葉も時として相手をさらに傷つけるというか
本人は必至で乗り越えようとしているのに、追い打ちかける人もいるんですよね。
悲しいけれど

素直に聞き入れられない自分が心がひねくれているのかと思う事もありますけれど

私も同性に「子供を産ませてあげたかった」と言われて
心の中で「私は犬猫じゃないし他人に産む産まないを決められなきゃならないのか、アンタはブリーターか」と思ったことがありましたわ
今の今まで忘れてました、そういえば(苦笑)

あーにゃさんとどっこいどっいどっこいな仕打ちかもしれません(苦笑)
2017/06/29(Thu) 19:43 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック