表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年08月07日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


葬式とはいえ、遠方まで出かけたので、いつもお世話になって居る実家のお向かいさんと斜め向かいさんへお土産を持って行った。
「気にしなくていいのにー」とは言われるが、貰いっぱなし、されっばなしだと気が引けるしね。

斜め向かいの奥さんとは久しぶりにしゃべったのだけれど、まぁご近所も大変そう。
近所に一緒に住んでいた親が施設に入って一人暮らししている息子さんがいるのだけれど、その息子さん、一切庭の手入れなどはしなく、草ぼうぼうらしい。
害虫も発生して大変だとは聞いていたのだけど、はて?その家には私と年の近い娘さんが3人もいたはず・・・と思ったら、結婚して家を出た娘さん達(息子にしたら妹たち)は施設に入った父親の見舞いには行くものの、母親の仏壇があるにもかかわらず、兄が住む実家には一切寄り付かないらしい・・・。
ご近所さん曰く、親の介護やら何かを巡って、兄妹間で「何かかあったようだ」と

なんかそんな話を聞いて、なんとなく納得

親の介護が始まると、それまで隠されていた性格がモロに見えてくる。
大抵面倒を見るのは未婚の娘
その次が嫁か既婚の娘
よほどの事が無い限り息子がいてもたいていは何もしない
それに対しても何故か周りも「男の子はそんなもの」と寛容なのだ。
たまに「俺が跡取りだから親を看る」と言う人がいても、たいていが実介護はその嫁が担う。
嫁にさせていて「俺が看ている」という人もいるから不思議だ。

姉妹がいても息子自身が親の介護をするケースってほんと稀
本当は体の大きい大人の介護ほど男の人の手が必要なのに、実際は殆ど女性ばかり。

でも、親を看る事、親孝行することに男女の差ってあるものなのかな

「男の子だから仕方がない」って言う言葉
私も数えきれないほど聞いてきた。
近くにいるから、当然ウエイトは大きくなるのは判る。

だけど、丸投げってどうなの?っていつも思っていた。

近くにいるんだから、出来る人がして当然?
女がするのが当たり前?

いや、違うでしょう

自分の親でしょう
自分が出来ない分も代わりにしてもらっている
普通なら「ありがとう」や「自分が出来なくて申し訳ない」でしょう

たぶんそこの姉妹も同じじゃないのかなぁ

例えば親の容態を気に掛ける言葉があるかどうか
相手を気遣う言葉があるかどうか
感謝の言葉があるかどうか

親の介護で最大の問題はそれを担う子供の意識の違いなんだと思うんだよねぇ。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック