表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年08月13日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


私はコミュ症&会話下手

語弊があるかもしれないが「他人に対して興味が薄い」のかもしれない。
会話は言葉のキャッチボールと言うけれど、それには相手から言葉を引き出すことが必要で、それが出来ない。
何かを質問するという事が詮索しているように感じてしまい苦手で聞こうと思えない。

自分が色々聞かれるのが苦手なので余計そう思うのかも知れない。
頭の悪い私は聞かれれば、言いたくないこともはぐらかすことが出来ずに答えてしまうから。
だからなんだと思うけれど・・・。

なので一緒に働いていても旦那さんや奥さんが何をして何処で働いている人なのか知らないことが多々ある。
旦那さんの仕事を数年たってやっと知ったという事がザラにあるのだ。
何処に住んでいて、子どもが何人いて、年はどれくらいでなんて知らない。
休日に何処へ言ったとか何をしていたとかも殆ど聞かない。

質問することが相手のプライバシーを侵すように感じてしまう

会話上手な人というかコミュニケーション能力に長けた人はこの辺りをズバズバと聞いてくる。
そして不思議とぶしつけのようには思われない。
持ち前の明るさと人懐っこさで親しみやすさに変えてしまう。
たぶん私が同じようにしたら相手は不快に思うことだとしてもそういう人たちはそう感じさせないから不思議だ

昔はこんな風に思ったことなかったのになーと思ったけれど、学生の頃から他人に興味が薄いというのはあったように思う。
だって誰それか○○さんを好きでのどーのこーの・・・という、女子高生が好きそうな話題に全く興味がなく、小中高と一緒だった子がクラスの人気者と付き合っていたことすら全く知らなくて、30年もたってから知ったくらいだもの(笑)

上手な会話の仕方ってどうしたら身につけられるのだろう

年をとるたびにこの能力のなさを思い知らされる

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック