表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年08月16日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク


次は農家をしている従兄弟の所の仏壇参りへと向かう。
希薄な関係とはいえ、絶縁状態の従姉妹に比べればまだ付き合いもある。
少なくても父や伯母の万が一の時は連絡は取り合う程度にはね(苦笑)

何処を見ても同じように見える農道を走るので私は決まった道しか走らない。
なのにいつもの道を走ると通行止めになっていた。
だけどスマホのナビですら通行止めは表示されず、通行止めになって居る道を進めと指示がでる。

何処かに迂回路があるだろうとわき道に入るもにっちもさっちも行かず
全く解らないので、いったん国道へ出てからまた農道へ入ろうとしたのだけれど、ナビの指示はやっぱり先ほどの通行止めの道へ入れと指示が出る。

行きつ戻りつしながら、かなり通り過ぎて町まで入ると、見覚えのある工場を見つけて、たしかその工場前の道路をそのまま戻ると従兄弟宅へ行けたはず・・・と記憶を頼りに進むとようやくたどり着いた。いつもなら15分程度で着く道に1時間もかかってしまった。

聞くと去年の台風で落ちた橋がまだ復旧されず、通行止めになっているそうで、迂回路は私が通ってきたその道しかなったよう。

なら「あと15分で着きます」と電話した時に言ってくれよ!!と思わずにはいられなかったが、迷ったと連絡しなかった私も悪いけれど、迷っていると判りながらも従兄弟からも連絡は来ないのだから、まぁそんな関係なのだと再認識

ナビは所詮ナビ
迷いに迷って助けられたのは自分の記憶だった

方向音痴を自覚しているのでいつもナビ頼りであまり道を覚えないのだけれど、ポンコツな自分の記憶もたまには役に立つ

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック