表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年08月17日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


従兄弟宅でお墓の話になった。
私にとっては父方の墓だけど、従兄弟にとっては母方のお墓
お参りには行っているようだけど、従兄弟は別に守る墓がある。

壊れた花入れの話をしたら、どうやら去年には壊れていたらしい。
私は去年はお墓参りはしていなかったので、1年以上は壊れたままという事になる。

たぶん私がお金を出さなかったら、この先もずーっと壊れたままだろうという事は察しがついた。
従兄弟も伯父の娘とは連絡の取りようがなく、全くわからなそうだ
納骨堂は父の名前なので私が引き継ぐがお墓は私のものじゃないけれど、壊れたままにしているのは仏様を粗末にしている様で嫌だし、父が健在なら父はお金を出しただろう。

従兄弟から「何故しま子が全てしているんだ?弟はどうした?」と問われ、今まで黙っていた弟との絶縁のいきさつを話した。

弟は「1人で生きていく」と言ったけれど、1人で生きていくと言いながら、自分がやるべき事を違う人がしている上で胡坐をかいている生き方は違うと思うんだよね。

しようと思えはいくらでもできる。
近くに空港だってある。
羽田からは小1時間
私が何時間かけてくるよりずっと早い
車の免許だってあるから、空港についてからはレンタカーを借りれば何処へも行ける。

だけど、した事も、しようと思ったことないからどれだけ大変か判らないし想像できない。
気持ちがないのだ。
言ってもわかろうとも考えようともしない

私は1人で生きていくという事は父の面倒、残された実家や周辺の事、お寺やお墓、親戚関係、その他もろもろ長男としてやるべきことをしながら1人で働いて暮らしていくことが「1人で生きていく」という事で、1人で働いたお金を自由気ままに自分の事だけに使い、したくない事はしないというのは1人で生きていくのではなく「1人で好き勝手に生きている」だけだと思うと言ったら、従兄弟は黙って頷いていた。

そこまで言って良かったかは解らない
面倒くさい事に巻き込まれたくないと思われたの間違いないだろう

誰もしないなら誰がするの?

自分は関係ないと言える人と言えない人

私は間違いなく後者で、必然的に貧乏くじを引かざるを得ないのだよね。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おひとりさま さんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。

誤解があるようなので書きますが、今していることは弟には「嫌なこと」かもしれませんが、私にはがけして「嫌なこと」だとは思っていません。
金銭的な部分を考えれば負担は大きいですが、しなくてはいけないことだと思っているので「仕方のないこと」です。

そして私自身は弟には何かを助けてもらったこともないですし、これから先もそうしたことは無いと思います。

なので私は全てにおいて縁を切るならそれでいいといいましたが、自分(弟)に不利になるものもあるので「それは出来ない」と言われました。

弟はアパートの保証人、転職時の保証人はこちらへ丸投げでした。
本当に「1人で生きていく」と言うのなら、アパートの保証人、会社の保証人を自分で探した後、こちらへはその解除手続きの書類を送ってくるなどをするべきだと思いますが、どうでしょうか。
いっさいこちら側のことはせず、自分の保証人だけはしてもらいたいというのはおかしいですよね。

こちらへ頼んだ保証人等も含めて全て縁切りすべきだと思うのですが、自分に都合の悪いことは見ないふりをして、利用できるものはそのまま利用しようと言う考えが私にはずるく感じてしまいます。

そこまでの覚悟がないのに「縁を切る」という言葉をだし、自分の都合のいいように「一人で行きていく」という言葉を持ち出す弟に違和感を覚えるのです。
私の考えがおかしいのでしょうか?
ご意見をお待ちしています
2017/08/17(Thu) 17:55 | URL  | しま子 #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして
はると申します。昨日ここを見つけて読ませてもらっています。私もしま子さんと同年代、環境もよく似ています。自分の事のようです。私は他人とうまく付き合うことができないため、頼れる人もいません。
毎日不安です。(保証人とか切実に思います)自分と同じ境遇の人達集まってが助け合えないだろうか、と日々考えています。人付き合いが苦手だからこそ、助け合えれば…。理想ですかね。

また寄せて下さい。
2017/08/17(Thu) 19:40 | URL  | はる #-[ 編集]
はるさんへ
はじめまして、こんばんは
コメントありがとうございます。

やっぱり不安ですよね・・・
たぶんこの感覚は同じ様な悩みを抱えている人にしかわからない気がします。

はるさんのおっしゃるように似たような人たちで助け合いみたいのが出来るといいんですか・・・

リアルで似たような人がいないのでいつもこの問題でもんもんとしています。
こんなくらいブログですがよろしかったら、また来てくださいね。
2017/08/17(Thu) 21:12 | URL  | しま子 #-[ 編集]
義務を果たさず権利だけを得る弟さん、普通に考えれば彼が間違ってます
ほとんどの人は、彼のような血縁者は持ちたくないと思うでしょう
でもあなたも壊れた花入れを放置しようと思えばできたはずです
お金を出すという選択をしたのはあなたです
だから弟さんを非難するのは何か違うと思います
私もおひとりさまさんとなんとなく似た感想を持ちました
2017/08/17(Thu) 22:02 | URL  | 悪意のあるもの #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

そうですね、そこにお金を出すと決めたのは私です。
壊れたままだと嫌なのも私だけの思いです。
その点に関しては弟は関係ないと思いますし、
従兄弟との会話で無人となった実家の話があり、そこから「弟はどうした」となったのですが、
その部分を端折ったせいで、書き方がごっちゃになって居るので、語弊を招いてますね。すみません。

私は墓参りはするもの、納骨堂の管理料は利用しているのだから払うもの、寝たきりとなった父の事も守らねばと思いますが、弟はそれはする必要がないと思っているという事なのでしょう
勝手にしていると言われればそれまでですね。
2017/08/17(Thu) 22:45 | URL  | しま子 #-[ 編集]
何だか身につまされるお話です^^;
きっとしま子さんはすこぶる常識的で思いやりも責任感も人一倍あって
人が嫌がるようなことを見過ごせずついやってしまう・・・
みたいなご性格なんだろうなって感じます。
たぶんそうでない人に言わせれば
「あれは好きでやっているんだからその人の勝手。
嫌ならやらなければいいだけなのに」ってことなんでしょう。

ただ誰かがやらねばならないことなんだから
その誰かを自分がやっているんだということを
もっと自分で自分をほめてあげるくらいの気持ちでいてもいいと思うのです。
少なくとも私はしま子さんの行為は普通はなかなかできない立派な事だと思います。
そう考える人も世の中には少なくないと思います。

いつも誰かの替わりになるのが自分で貧乏くじをひいていると思われているようですが
それは立派なことなんですよ。
他の人にはそんな「ほめて」なんて言えないとは思いますが
自分で自分をほめるくらいしてもいいと思います^^
「今日は良い事をした、私偉い!」くらい思って下さい^^

自分でない人はたとえ家族や肉親でも思い通りには動かないですね。
その分しま子さんにあれこれ責任やご苦労の負担が大きくなっているのは
本当に大変なことと思います。
どこかで「ほんとにあの弟ときたら!」くらいに
気軽に愚痴をこぼせるような方がいるといいですね。

私は友人とよくそんな風に愚痴をこぼしあって怒りを発散させたりもしています^^;
そして最後は「でも仕方がないよね」みたいに終わります。
こうした関係はずっと続いていくんでしょうね。

しま子さんもたまには自分で自分をほめてあげて
ご褒美に何かあげたりして下さい^^
私は大したことはしなくてもいつもご褒美あげてます^^
現実は現実として変えていくのは難しいかもしれませんが
どこかで少しでも報われるようなことがあるといいですね^^
2017/08/18(Fri) 00:38 | URL  | りん #ZMnQA7pQ[ 編集]
りんさんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

そうなんですよね~
「自分でない人は家族や肉親であっても思いとおりに動かない」
その通りだと思います。

私はこの辺りを失念しちゃうんですね
こうあるべき・・・というものに捕らわれるというか
だから自分が思うものを相手に求めるのでしょうし、相手がそうしないことにイライラするのかなと思います。

私は父の背中を見てきましたので、末子の父が全て実家のことをしてきているのを見てきました。
伯父伯母ともに病気を抱えていたので、それは仕方がないことだと思いましたし、そうせざるを得なかったのでしょう。
だけど伯父も伯母もそのことに関してはきちんと感謝の意を伝えていましたし、そう言う言葉が発せられるのも同じ子として1人に背負わせている心情を思えば当たり前のことだとも思っていました。

たぶんそこなんだと思います。

やって当たり前と思うのか、
本人が好きでしていると思うのか
自分が出来なくて、ごめんね、ありがとうと思うのか

人って難しいですよね。
感情の生き物ですから

りんさんのように離れて暮らしていても、肉親を思いやったり、手助けしたりするのを当たり前のように思う人もいるんですけどね。
他の人と比べるものではないんでしょうけれど、本人の自覚なんでしょうね。

またこんなことを書くとお叱りを受けそうですが、年に一度くらい、父の容態を案じたり出来るのではないかなと
休みのない会社でもないのに、長い連休は何をしているのだろうと思ってしまうのです。
親の顔を見に来たってバチは当たらないと思うんですが
そう思うことがいけないことなんでしょうね。

嫌ならしなければいい

そう思う人の方が多いのでしょうし、私のように「しなければ」と思うほうがおかしいのかも知れません。
私の「しなければ」はある意味自己満足なのかもしれません。

貧乏くじという言葉を使ったのが良からぬイメージを持たれて批判を受けているのだと思いますが、貧乏くじと思ったとしても言葉一つで貧乏くじにならないこともたくさんあると思うんですよね。

それに親を労わったり、今ある何かを守ろうとするのは、ある程度は人として当たり前のことだと思ってきたので・・・。
出来ないなら出来ないなりに自分の中で出来ることを模索するのが当たり前だと思ってきたし、私なら自分が傍にいない分、してもらっているのならお礼は言いますし(実際住まなくなった実家でご近所さんが何かをしてくれたときは必ず家まで行って御礼は言います)そうした当たり前だと思ってきたことを非難されるのは多少はショックですねぇ

自分の物差しで見ちゃいけないってことなんでしょうね
2017/08/18(Fri) 17:50 | URL  | しま子 #-[ 編集]
おひとりさまさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。

保証人の件はここまでこじれる前に引きうたけものです。
それまでも色々ありましたが、弟なんだからしてあげなくてはと思いましたし、確かに保証人を引き受けるだから少しはこちらにも配慮があるんじゃないかという甘い考えもあったと思います。
だからあちらが「1人で生きていく」という言葉を出した時に、「全ての縁を切るならいい」という言葉を出したのです。
私にしたら「保証人も解除するし、もし相続が発生してもいらない。全ての縁を切りたい。だからもうかまわないくれ」と言われるほうが覚悟と言うか決別と言う潔さも感じると思うのだけど、弟のそれはそれとは違うようです。

お父様の自宅介護をなされたとのこと
さぞかし大変だったと思います。
特に体力がある人のアルツハイマーの場合は徘徊や暴れることも多いと聞きますし、心労も並大抵じゃなかったと思います

介護や育児に関してはどうしても女性と男性では格差があるというか、女性には比較的、他者の目が厳しく、どんなにしても「やって当たり前」。一方男性はしなくても「男だから仕方がない」と思われる風潮が多い気がします。
そんな中、おひとりさまさんはお父様の汚れ物の洗濯を始め、色んなことをされてきましたよね。そんな中で身内にも理解されず「なにもしていない」と言われたのはとてもお辛かったと思います。

もしこれでご兄弟に「いつもありがとう」とか「普通の洗濯物じゃないから洗うだけでも大変だろう、悪いな」といわれていたらどうでしたか?

同じ事をしていてもまったく受ける心情も違うし、兄弟間の感情もこじれなかったと思います。

ウチも同じです。

損得じゃなく、そうしたことじゃないでしょうか?
兄弟がどんなに居たとしても全ての子が平等に親のことを見るのはある意味不可能に近いです。どうしても偏りがでると思います。だからといって何もしなくていいのかと問われればそれもまた違うと思います。だからその差を埋めるのはやはり相手を思いやる言葉だったり、気遣いだと思うのですが、そうしたことも一切なく、「お姉ちゃんがするのが当たり前」という態度を貫く弟が嫌でなのです。

おひとりさまさんが私に自分が嫌なことを弟さんにさせようとしてるとおっしゃるのは、責められる弟がご自身の過去にだぶってしまい、そう感じられるのかなと思いますがどうでしょうか。
私はきちんとされたおひとりさまさんと弟は全く別モノだと感じていますが・・・。

「損得」という言葉や「そんなに嫌ですか」と繰り返しおっしゃってますが、それは違います。
「好き嫌い」「損得」だけじゃないと思います。
義務には好きも嫌いもありません。しなくてはいけないことです。
一方的な「当たり前」も違うと思います。
そう思うことは不自然なことなんでしょうか?

きっとおひとりさまさんが一番お辛かったのは、自分なりにしているのにそうしたご兄弟からの労わりの言葉もなく「そんなのやって当たり前(やっているうちに入らない)」という態度だったのではないでしょうか?
きちんとされているのにそれでは本当に辛かったと思いますよ。
それでもきちんとお父様のこと、様子を見に行かれていたのでしょう

全くしない人はそれすらしませんから。
いつ逝くか判らないのに何年、顔を見ていないんだろうねー、このまま逝ったら後悔しないのかねーって状態です
容態が悪くなって電話しても出ないどころか折り返しすらかかってきません

私が父の事は私が最後まで看取るつもりです。勝手にしているといわれればそれまでですし、相手に求めすぎ、責めすぎとおっしゃいますが、年に一度くらい「お父さんの調子はどう?安定している?」と気遣う電話の1本くらいあってのいいのではと私は思うのですが、9年の間、それすら一度もないのに、それでも相手を責めすぎ、求めすぎといわれるのなら、仕方がないと思います。
2017/08/18(Fri) 17:55 | URL  | しま子 #-[ 編集]
しま子さんは素晴らしい
こんばんは。
しま子さんはよく頑張っていらっしゃると思います。
読んでて泣けてきます。
私が褒めても何の役にも立ちませんが
本当にお父様にとっての最高の娘さんだと思います。
嫁にいってなくても、孫の顔を見せてなくても
おつりがくるくらい素晴らしいです。

パソコンの画面を通して、しま子さんの今後に
沢山沢山お幸せがあることをお祈りします。
心の底からお祈りします。
2017/08/18(Fri) 22:50 | URL  | 豆葉 #-[ 編集]
豆葉さんへ
おはようございます、コメントありがとうございます。

しなけれればならない事ですし、
きっと豆葉さんが同じような事になったら同じようにされると思いますよ^^

不肖の娘ですが、出来る限りしていこうと思います。
2017/08/19(Sat) 08:25 | URL  | しま子 #-[ 編集]
おひとりさまさんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

いえいえ、お気になさらず^^
考え方は人それぞれですから
ただ人を不快にしたり、傷つけるだけの嫌がらせで書き込まれる方もいますが、おひとり様さんのはそういうコメではなかったですし、自分の感情を書き逃げ(?)する人が多い中、逆にこういうコメを頂けるなんて、なんてきちんとした考えをもたれている方だろうと感心しました。文字であれ、言葉であれ、謝罪の心を相手に伝える事が出来る人はそういません

そうですねー
こういうのは全ての人が1から10まで言わないと思うので、部分部分だけだとその人の思いや大変さと言うのは判らないですよねぇ。
見聞きして「判ったつもり」でいても、実際してみるとまた違うこともあるのでしょうしね。
私もいい年ですが、友人で介護に携わったことがあるという人どころか、自分で親の施設を捜したという人もはいないかな
だから通常の会話でも「お父さんの調子はどう?」なんて聞かれることもありません。
逆にそういう言葉を発する人はご自身で介護に少しでも携わったことのある年配の人ですね
まぁぼちぼち皆さんそういう年令に差し掛かってきているとは思いますが

家族と断裂すると悩ましいのはそこですよね
仲かよい家族ならお互いの保証人になるという事も出来るんでしょうけれど、一旦こじれると難しいですよね。
ウチの場合、転職時に保証人が2人いると言われたですが、今思えばその2人を丸投げだったのもなんだかなーと言う感じで
まともな人なら「保証人が2人いるんだけれど、1人はこちらでなんとかするから、もう1人はお姉ちゃんにお願いしたい」と言うのが筋じゃないかなぁと思ったのだけど、「2人いるのでお願いします」と言われ、当時は姉なんだから私がしてあげなくっちゃ・・・と思い込んでいたので、一切迷惑は掛けないと約束して当時付き合っていた人にお願いしてこちらで保証人を2人とも立てたのです

バカですねぇ、私

断る勇気とまでは行かなくても、「もう1人は自分で探して、いないなら改めて頼むのが筋だよね」と言えればよかったと思います。
そうしないとして貰っているありがたさが判らない人だったのだろうと今なら思えます。

ただおひとり様さんが受けた仕打ちはあまりに酷いと感じますね。
独身だから・・・という理由ならとんでもない。
それならば介護もさせなけれ良かったのにと。
それこそ、利用するだけ利用して自分に都合悪くなったら、それですか。
こういう人もいるんだーと改めて肉親の闇を感じます。

おっしゃるとおり昔と違いドライな世の中になってきてますよね。
皆、他人を思いやる余裕がないのだと思います
(自分も含めて)

ウチも父の万が一のときは同じじゃないかなぁ
ウチの父も冠婚葬祭のときは遠方でも出席し必ず包んでました。
祖父母や伯父伯母が動ける状態ではなかったので、代表と言う意味もあったのでしょうけれど、本州まで行ってました。

倒れて9年ですが、見舞いも殆どありません
まぁ認知症も発症しているので、見舞い来ても気持ちが沈むのでしょうし、来難いのかもしれません、遠いし。

家族葬として、ひっそり送るか
小さな会館で、ご近所さんと来てくれるなら親戚にも見送ってもらうか
思案しています。

考えたくないけど、相続でも連絡は取らなくちゃいけないし
「一人で生きていく」と言いながら、しっかり権利は主張しそうですけれどね。
しかも負の遺産の古い実家はこちらで持つことになるでしょうし、そんな事を考えたら頭が痛いですわ(苦笑)
2017/08/21(Mon) 19:01 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック