表ブログでは言えない四十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年08月21日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


入院費の支払いに行ってついでに父の様子を見てきた。

目の焦点が合っていないような表情の多い中、比較的すっきりした顔に見えるような・・・??

手を握って「お父さん、わかる?わかったら手を握って」と言ったら、力強く握り返しててきた。

「お盆にね、お寺とお墓に行ってきたよ、わかる?」
ぎゅっと握ってくる。

「お墓の花入れが壊れていたから、直してもらうようお願いしてきたよ」
ぎゅっと握ってくる。

「○○伯母ちゃん、わかる?車椅子になったから施設に入ったんだって」
ぎゅっと握ってくる。

今までも「わかったら手を握って」と言って話しかれてきたけれど、こんなに会話のように握り返してくるのは始めててびっくりした。
正直なところ、言った意味を理解していて手を握っていたのか、「わかったら手を握って」の部分だけに反応して手を握ってきているのか判らなかったけれど、今回は明らかに意味を理解していて握り返してきた気がする。

そんな事を5~6回繰り返しているうちに痰の吸引をしなくてはならなくなり、すっかり疲れて父は眠ってしまった。

お墓の花入れ、ケチらないで直してよかったな・・・
遠くても大変でもお墓参りして良かったな・・・

自分が信じた事にまっすぐに生きれば、こうやって思いもかけない喜びに出会える

そうしたことに気づかされ泣けてきて、そっとテッシュで目頭を拭いた。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック